躍動感をとらえるアナトミーとデザイン

マイケル・ハンプトンの人体の描き方

簡略化したラインで描くことからはじめ、段階を追ってアナトミーを意識したドローイングに仕立てていく方法をステップバイステップで解説。

在庫あり

ご注文日から最短2営業日でお届けいたします。詳しくはこちら。 この商品は送料無料にて、ボーンデジタルが直接販売、発送いたします。

定価 4,104円(税込)
判型 B5判
総ページ数 240
発売日 2016年8月中旬
ISBN 978-4-86246-342-5
著者 マイケル・ハンプトン
翻訳 株式会社Bスプラウト
発行 株式会社 ボーンデジタル

イメージ:マイケル・ハンプトンの人体の描き方

数量

送料無料

※後からでも冊数変更できます

  • ご利用ガイド
  • 内容
  • 目次
  • 立ち読み
  • お詫びと訂正

アナトミーを意識したドローイングを描くためのステップバイステップ!
構造から人体をとらえるための指南書、待望の日本語訳!

人体は複雑な構造をしています。はじめから資料やモデルを観察して輪郭を描いたり、似せて描こうとしてもなかなか難しいものです。

本書の手法は、人体をごく簡略化したデザインとしてとらえ、ライン(円、直線、曲線)で描くことからはじめ、段階を追ってパースやボリュームを与えていきます。

この考え方に沿ってアナトミー(構造)を理解し、人体が動くメカニズムを知ると、ドローイングだけでなく、3Dモデルにも応用のきく「構造からとらえた人体」を理解することができます。

アナトミーを意識したドローイングを描くためのステップバイステップ
- ジェスチャーをとらえる
- 2次元のシェイプを適切な位置に置く
- アナトミーの知識に基づいてボリュームを与える
- 陰影をつける

最初の工程で直観的にとらえた「ジェスチャー」を最後まで損なうことなく、描き進めていくと、直観でとらえた流れるような人体の動きや生命感を捉えたドローイングになります。

最終的には、人体以外にも応用できる知識と観察力を身に付けることが目標です。この本の手法は実用性が高く、描く対象を問わず、さまざまな作業工程に応用できます。

※本書は「FIGURE DRAWING: Design and Invention」(Michael Hampton著)の日本語版です。

目次

  • 1. ジェスチャードローイング
  • 2. ランドマーク
  • 3. フォームと連結部
  • 4. 頭部のドローイング
  • 5. アナトミー
  • 6. 腕
  • 7. 手
  • 8. 脚
  • 9. 足
  • 10. 布
  • 11. 光と陰影について

目次

  • 1. ジェスチャードローイング
  • 2. ランドマーク
  • 3. フォームと連結部
  • 4. 頭部のドローイング
  • 5. アナトミー
  • 6. 腕
  • 7. 手
  • 8. 脚
  • 9. 足
  • 10. 布
  • 11. 光と陰影について

画像をクリックすると拡大表示いたします。

躍動感をとらえるアナトミーとデザイン

マイケル・ハンプトンの人体の描き方

4,104円(税込)/B5判/240ページ/2016年8月中旬

カートに入れる

関連商品

イメージ:ドローイングレッスン

ドローイングレッスン

古典に学ぶリアリズム表現法 -ハードカバー-

イメージ:アトリエのドローイング

アトリエのドローイング

古典に学ぶリアリズム絵画の基本技法

イメージ:ロン・ハズバンドが教えるクイックスケッチ

ロン・ハズバンドが教えるクイックスケッチ

瞬間を描きとめる:アーティストのデイリートレーニング

イメージ:ゲームアート

ゲームアート

古典に学ぶキャラクターと世界の描き方

Design Log

WORKS ONLINE BOOK STORE BLOG

CGWORLD.JP

WORKS_TW

CGWJP_TW

CGKENTEI